不動産査定がAI(人工知能)によって行うことが可能に

この記事では不動産査定をAIによって行ってみた結果や、あなたがAI自動査定を行った時のメリット、不動産査定をAIによって算出できる無料サイトなどの情報を分かりやすくまとめています。

不動産査定のおすすめサイト一覧

建を売りたい人・人口が少ない都市の人に人気

イエウール(不動産一括査定)

不動産 査定 オンライン

対応物件の種類マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル
掲載する不動産会社数1400社以上
サービス開始2014年
運営会社Speee
紹介会社数最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。

不動産査定 ai

近年、不動産テックと言われる動きが注目されています。

リアルエステートテック(Real Estate Tech・ReTech)とも言われるこの動きは、“今まで情報が分かりにくく、消費者にとって不利に行われる可能性があった不動産取引をAIによる人工知能の力で簡単に分かりやすくしよう”というもの。

とはいえ肝心なのはマンションや戸建の不動産査定に対するAIの制度ですよね?

そこで今回の記事では、不動産査定をAIによって行ってみた結果や、不動産査定をAIによって算出できる無料サイトなどの情報を分かりやすくまとめていきたいと思います。

不動産査定でAIを利用するメリット

不動産査定でAIを利用するメリットは情報を一瞬でまとめられることです。住宅購入や住宅売却は人生で一番高い買い物という方もおおいのではないでしょうか?

本来であれば一番価格に敏感でなければいけないのに、これまでは比較するデータがそもそも無く、またその比較も高いのか安いのか分からず、とても大変でした。

人工知能を初めとした不動産査定のAIサービスは、人間がやらなくてもいい部分を代わりにやってくれるサービスで、我々は大まかなデータを入力するだけでAIがおおよその査定価格を出してくれるのです。

マンションや戸建の適正価格を知る為には今までの売買事例を知るのが一番手っ取り早いのですが、AIがさらにそこから踏みこんで、結局この部屋はいくらが適正金額なんだ、ということを人工知能によって弾き出してくれます。

AIによる不動産査定の具体的な仕組み・システム

AIによる不動産査定の具体的な仕組み・システムとしては、使用しているAIが“過去にどこのどんなマンションがいくらで売れたのか”という不動産売買や不動産取引の情報を大量のデータを使ってシステムにマンションの相場感を学習しています。

その学習させたAIシステムを使って特定のマンションや戸建の現在の査定価格を算出してくれているのです。

実際にプロの不動産業者がマンションの価格査定をする時も、近くで最近売買された似たようなマンションの事例を数件引っぱってきて、南向きだから少し高い値段をつけるとか階数が低いから少し安い値段をつけるというようなことを過去の経験に基づいて行っています。

それをAIシステムを使って、より大量のデータから精緻に計算するというイメージです。AIから導き出されたその不動産査定額の正確性ですがかなり精度が高いと思われます。

不動産査定がAIシステムで分かるサイト

HowMa

「自宅をネットで自動査定」がキャッチフレーズの不動産査定サイト「HowMa(ハウマ)」は、不動産情報を入力するだけで査定に特化したAI(人工知能)が即座に査定価格を算出するのが特徴の不動産査定サイトです。

  • 東京などの都心部だけでなく日本全国の不動産相場を地図上に表示。
  • パッと見て全国の不動産相場がわかる「全国不動産相場マップ」
  • 全国の市区町村を不動産相場が高い順に見れる「全国不動産相場ランキング」
  • 大手ポータルサイト掲載の中古物件の注意ポイントや査定価格とくらべて安いか高いかを自動でチェックする「中古物件チェッカー」

など、査定や売却に役立つさまざまなサービスも合わせて提供しているのも見逃せません。

また、査定売却価格だけでなく、貸出賃料も同時に査定するので、売るのか・貸すのかを判断する材料を手軽に得られるのが特徴です。

ウマ独自のAI自動査定の魅力とは

ハウマの優れた部分は、AIから導き出されたその不動産査定額の正確性にあります。

ハウマの特徴

査定に必要な取引事例や公示価格などの情報は、日本全国からハウマが独自に収集。

入力された情報から緯度経度を特定して、最寄り駅や商業施設などの査定に影響する周辺情報を瞬時に判別して、自動的に査定結果へ反映しさせます。

また、登録した自宅周辺の取引事例データの閲覧や、分析の参考にすることも可能。

入力事項は物件の住所や専有面積、築年月程度といった簡単な情報だけですが、驚くほどの正確性で成約ベースの価格を一瞬で表示してくれます。

私も実際に使ってみましたが、提案される物件の適正価格が分かるので判断もラクラク。

電話などの営業も一切なく、利用料無料で使えるので安心でした。

不動産査定できる物件の種類は一戸建てと分譲マンションに限られますが、将来自宅の売却を検討している方であれば十分に使えるネットの不動産査定サイトだと思います。

AI不動産査定(まとめ)

不動産査定 ai

不動産売却の場合、まだまだ売却を真剣に考えていないユーザーも少なくありません。

まだまだ真剣でもないのに営業を受けるのではないか、という不安からネットの不動産査定を避けている人もいる様子。

ハウマはこのような「不動産売却予備軍」のニーズをくみ取り、匿名OKのAI不動産査定サービスを開始させました。

ですので、大まかな相場が知りたい人や営業電話を避けたい人におすすめだと思います。

AI査定で不動産の大まかな価格を知ることで、何かと不安な不動産取引への一歩を踏み出すことができるでしょう。

不動産査定のおすすめサイト一覧

不動産査定

自分の不動産には一体いくらの勝ちがあるのか?複数の会社で不動産査定を受けようと、それぞれの会社に連絡をするとなると時間も手間も掛かってしまいますよね?

つまり不動産査定の一括査定サービスを利用するということは、“1つのサイトに情報を入力するだけで、複数社への依頼が一括で完了する”ことが出来るのです。

ただ、これだけでは当たり前の話ですが、このサイトはどこが運営しているのか?

それを見ることで、サービスの特徴が見えてきます。

建を売りたい人・人口が少ない都市の人に人気

イエウール(不動産一括査定)

イエウール

対応物件の種類マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル
掲載する不動産会社数1400社以上
サービス開始2014年
運営会社Speee
紹介会社数最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。

ンション・投資用マンションの売却を検討中の人に人気

マンションナビ(不動産一括査定)

マンションナビ

対応物件の種類マンション
掲載する不動産会社数2500店舗
サービス開始2011年
運営会社マンションリサーチ
紹介会社数最大9社(売却6社、賃貸3社)
【ポイント】 強みは、マンションに特化しており、マンション売却査定は6社まで、賃貸に出す場合の査定3社まで対応している点。

※上記のサイトは弊サイトの申込数によるランキングとなっています。

TOP⇒不動産査定 | 売却前に絶対に損をしないおすすめの査定方法

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018