不動産査定

不動産査定の方法で価格に開きがあるの?

不動産査定の方法で査定価格に大きな違いが!?この記事では、不動産査定を利用する上でのポイントを中心に”売却前に損をしない不動産査定の方法”をまとめています。あなたが不動産査定や不動産売却で失敗したくないなら最後までチェックしてみて下さい。

不動産査定のおすすめサイト一覧

建を売りたい人・人口が少ない都市の人に人気

イエウール(不動産一括査定)

不動産 査定 オンライン

対応物件の種類マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル
掲載する不動産会社数1400社以上
サービス開始2014年
運営会社Speee
紹介会社数最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。

不動産査定の方法にはどのようなものがある?

不動産査定 方法

不動産の売却を検討している人がやるべきことの一つとして、自分の不動産の価値を調べるための「不動産査定」があります。

しかし、不動産査定の方法には様々なものがあり、全てについて詳しく理解していない人もいるのではないでしょうか。

  • 不動産査定って不動産会社によってどうして価格に開きがあるの?
  • 不動産査定の方法はどんなものがあるの?
  • 机上査定と査定の違いは?どちらを選んだ方がいい?

そこで今回は、不動産査定の方法について分かりやすく情報をまとめていきたいと思います。

不動産売却で損しないために不動産の査定方法について理解しておくことは重要ですので、さいごまで参考にして頂けると幸いです。

不動産会社ごとに査定価格が異なる理由

不動産査定 方法 価格差

まず、複数の不動産会社に土地や建物の査定を依頼すると、会社ごとに査定額が異なる場合があります

同じ建物や土地を査定しているのに、なぜ査定価格に違いが生じるのでしょうか。

その理由のひとつとして考えられるのが、不動産査定の方法が異なることにあります。

まずは具体的な不動産会社が行う査定の方法について下記にまとめています。

動産会社の査定方法は3種類

収益還元法

収益還元法は査定対象の不動産(土地や家など)から将来得られるであろうと想定される純利益と現在価格を総合して査定価格を算出する方法のことです。

その方法には「直接還元法」と「DCF方法」という二つの方法があります。

【直接還元法】・・・「1年間の純利益÷還元利回り」

【DCF方法】・・・・「対象不動産が所有期間中に得られる純利益を現在価値へと換算したもの+所有期間終了時に売却できる予定の価格を現在価値に割り戻したもの」

取引事例比較法

取引事例比較法は不動産査定のなかで最も基本的な不動産査定の方法です。

市場全体の動きや取引時期などを踏まえた上で、査定対象の不動産と同じような条件の不動産の取引価格と比較をしながら価格を決めていきます。

原価法

原価法は一戸建てなどの査定価格を算出するときに使われる不動産査定の方法で、対象不動産を仮に再度建築した場合の原価を算出後、築年数によって低下した価値を減価修正して価格を出していきます。

計算方法は「対象不動産価格=再調達原価−減価修正」です。

このように、不動産査定の方法によって概算が変わってきます。

不動産査定は1つのサービスでありサービスを受けるかどうかは消費者次第

しかし、的外れな価格で市場に流しても、“高ければ反応がなく、安ければ損をしてしまう”ことが多いです。

相場も知らずに動き出すのは得策でありません。

売却後に後悔しないためにも、手間を惜しまず必ず複数の不動産業者から査定を受け、大まかな査定の相場や正しい知識を得ることが大切です。

不動産査定はどこに頼めばよいのか?

不動産査定 方法 どこに頼むべきか

このように不動産査定は不動産会社の査定方法によって大きな開きが出てくることが多いです。

そうなると、不動産査定を依頼するときに最初に迷うのは、どの不動産会社に依頼するかだと思います。

査定の依頼先として、大きな分類としては次のとおりです。

  1. 大手不動産会社
  2. 地域密着型不動産会社
  3. 一括査定サイト

それぞれ特徴があるので、個別に説明していきます。

なお、契約前の査定の段階で査定を依頼したから契約を強制されるなんてことはありません。

納得するまで幅広く査定することも可能なので安心してください。

動産査定の方法大手不動産会社に不動産査定を依頼する

一般的な不動産査定の方法として、大手不動産会社に査定依頼を行う人が多いです。

大手不動産会社に査定依頼するメリット
  • 広い情報網と取引実績を持っていること
  • 買う側としても大手不動産に集まりやすいこと

このように企業規模の大きさがそのままメリットになります。

ただし、査定は販売活動の前段階なので、一定の社内基準で算出されるため、大手だからというだけでメリットがあるものではありません。

その代わり、インターネットでかんたんに何社も見つかる利点と、大手不動産会社のサイトは無料査定のフォームを用意しているので、とりあえず価格イメージを知りたいという場合にはとても便利です。

動産査定の方法地域密着型不動産会社に不動産査定を依頼する方法

次に不動産査定の方法として、地域密着型不動産会社に査定をしてもらうという方法があります。

地元に密着した小規模な不動産会社は、なかなか営業経費を大きく取れないので、サイトがないこともあり、あっても不動産会社の手作りが多いです。

それが良い悪いということではなく、査定用のフォームが設置されておらず、問い合わせを前提にしたスタイルになっているため、ひと手間かかるのがデメリットです。

担当者の態度や人柄も見よう

もっとも、電話や来店で話をするとしても、売却を依頼することになれば不動産会社と長く付き合う都合上、査定段階から不動産会社と話して、担当者の人柄などを判断しておくのも有効でしょう。

また、地域密着型の不動産会社は、地域に精通しているため、大手不動産会社が見逃しやすい地域ならではの事情(人気)を査定に考慮できるかもしれません。

探し方は「地域名 不動産」で検索するとかんたんですが、見つけにくければタウンページ、Googleマップ等の地図ソフト・アプリでも探すことは可能です。

動産査定の方法一括査定サイトで不動産査定を依頼する方法

次に最近増えつつあるのが、インターネットの一括査定サイトに不動産査定を依頼するという方法。

知らない人のために簡単に説明すると査定価格を比較すべく、どの不動産会社に査定依頼するか迷ったときに、1社ずつ不動産の情報を何度も伝えるのは面倒ですよね?

わざわざ数件不動産を回って査定依頼してやりとりしたくない人におすすめ

そんな人の為に、複数の不動産会社へ査定依頼できる一括査定サイトがあります。

一括査定サイトにも複数あり迷うところですが、大抵は登録している不動産会社が明記されているので、不動産会社で選べばそれほど困らないでしょう。

情報入力が一度で済み、最も簡便ですが、全国にあるすべての不動産会社が対象になっているわけではなく、地方では対応していないケースがあることには注意が必要です。

その点を考慮しても、査定額を比較するためには便利で活用したいサービスです。

3つの不動産査定の方法でおすすめなのは?

不動産査定 方法 おすすめ

頼できる不動産会社を探すのに便利な方法は一括査定

この3つの申し込み方法で最も手軽なのは、やはり不動産一括査定サイトを利用する方法です。

というのも、残念ながら不動産会社と同様に担当する営業によっても対応力に差があることがあります。

この営業よって、納得のいく売買が出来るかが変わってきます。

チェックしておくべき4つの重要ポイント
  1. 連絡に対しての返信が早い
  2. 他の業者が、気がつかないあなたの家の良いところを見付けられる
  3. 希望条件から外れた購入希望者を紹介しない
  4. 話をよく聞く会社内の決定権者である

この内容に全く当てはまらないのなら、訪問査定をしてもらったとしても担当者を変更してもらうのも一つの手です。

大事な資産を預けるからこそ、相性や能力も大切にしておきたいポイントです。

事な資産だからこそ、信頼できる担当者を選ぶこと

不動産を売却うえで大事なことは、「売却予定の不動産に強く、信頼できる不動産会社を探せるか」です。

不動産会社によって、買い主に対してアピールする広告手法も違えば、説明の仕方も違います。

不動産会社によって強みや弱みが違ってくる

また、不動産会社によって、得意としている不動産、苦手としている不動産、この地域は得意ではないなど、実力の差が大きく、結果的に売却金額に数百万、数千万の差が出ます。

ですから、この3つの申し込み方法で最も手軽なのは、やはり不動産一括査定サイトを利用する方法なのです。

複数の不動産会社に同時間に査定を依頼することで、大幅に時間を短縮出来るだけでなく、査定基準の違いも分かります。

その為、まずは一括査定を使って、だいたいの査定相場をチェックしてみましょう。

不動産査定は無料なので、しっかりと比較してから売却してもらう不動産を決めることをオススメします。

売る前に購入したいマンションや戸建の物件がある時は?

これは一例ですが、もしあなたが“買い換えによる不動産売却が目的で、買い先行で進めたい物件が決まっている”のなら、その購入先の不動産会社と仲介契約を結んだ方がいいかもしれません。

あなたの不動産を高く売れるようにサポートが出来なければ、その不動産屋の売り出し物件も契約してもらえないので、危機感や責任感をもって売却活動を行なってもらえるからです。

ここに該当する場合は、検討内容に加えておいてくださいね。

定の種類と依頼数の目安

このように査定をしてもらうのは簡単ですが、不動産査定には更に

  • 簡易査定(机上査定)
  • 訪問査定

という2種類あり、申し込む時にどの査定方法を利用するのか、どのくらいの不動産会社に査定依頼するべきなのか疑問に思うでしょう。

決まった正解はないとしても、査定の種類について解説と、目安となる考え方について説明していきます。

売却の予定はない人簡易査定
売却の予定がある人通常の一括査定

イメージとしては、簡易査定が事前査定訪問査定が本査定のような感じです。

ちなみに簡易査定を選んでも、最終的に不動産売却を決めたら訪問査定をしてもらうのが通常なので、簡易査定だけで不動産売却出来ることは絶対にないです。

だからといって簡易査定の必要もないかというと、それはまた違った話で、「まだ不動産売却をするか決めかねているから大まかな相場だけが知りたい」など、簡易査定には簡易査定を使うだけの理由があります。

不動産査定の方法(まとめ)

不動産査定 おすすめサイト

不動産一括査定サイトは現在、分かっているだけでも30はあります。

不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になるので、より得意としている会社を見つけたいですよね。

そうなると、厳選したサイトを挙げていくとすれば

  • 大手から地域密着の不動産会社を一番探すことができる イエウール
  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる すまいValue

の2つが特におすすめだと思います。

特にイエウールは提携している不動産会社が他と比べて圧倒的に多く1,500社もあります。

イエウール

対応物件の種類マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル
掲載する不動産会社数1400社以上
サービス開始2014年
運営会社Speee
紹介会社数最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる。

つまり「大手」「中堅」だけでなく「地方・地域密着」の不動産会社にも依頼ができるので、あなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

大手や中堅よりも、地域密着の不動産会社の方が、特定の地域に強かったり、社長が自ら相談に乗ってくれるのでサービスが手厚かったりなど良いことも沢山あります。

今回は不動産査定の方法についてまとめていきましたが、不動産の価格は取引事例をもとに判断されるものの、それぞれの個別性が高く査定価格に開きが見える場合が多いです。

その為、まずは実際に不動産査定を依頼して、どれくらいの金額になるかを把握しましょう。

不動産査定のおすすめサイト一覧

不動産査定

自分の不動産には一体いくらの勝ちがあるのか?複数の会社で不動産査定を受けようと、それぞれの会社に連絡をするとなると時間も手間も掛かってしまいますよね?

つまり不動産査定の一括査定サービスを利用するということは、“1つのサイトに情報を入力するだけで、複数社への依頼が一括で完了する”ことが出来るのです。

ただ、これだけでは当たり前の話ですが、このサイトはどこが運営しているのか?

それを見ることで、サービスの特徴が見えてきます。

建を売りたい人・人口が少ない都市の人に人気

イエウール(不動産一括査定)

イエウール

対応物件の種類マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル
掲載する不動産会社数1400社以上
サービス開始2014年
運営会社Speee
紹介会社数最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。

ンション・投資用マンションの売却を検討中の人に人気

マンションナビ(不動産一括査定)

マンションナビ

対応物件の種類マンション
掲載する不動産会社数2500店舗
サービス開始2011年
運営会社マンションリサーチ
紹介会社数最大9社(売却6社、賃貸3社)
【ポイント】 強みは、マンションに特化しており、マンション売却査定は6社まで、賃貸に出す場合の査定3社まで対応している点。

※上記のサイトは弊サイトの申込数によるランキングとなっています。

TOP⇒不動産査定 | 売却前に絶対に損をしないおすすめの査定方法

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019