不動産査定

不動産売却後に発生する税金とは?

不動産売却にまつわる税金で最も注意したいのが、売却時に出た「売却利益」にかかる税金です。「所得税」と「住民税」と高い税率が課せられますが、もっとも節税がしやすいので、正しい知識を身に付けておきましょう。

不動産査定の実体験↓↓

不動産査定を売るなら絶対ここ!

イエウール

対応物件の種類マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル
掲載する不動産会社数1400社以上
サービス開始2014年
運営会社Speee
紹介会社数最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる。

譲渡所得がある場合は「所得税」と「住民税」が課せられる

不動産を売って利益が出た場合、その利益を譲渡所得と言い、所得税(国へ収める税)と住民税(地方自治体に収める税)が課せられます。

これらの譲渡所得は、不動産の売却価格から、その不動産を購入あるいは建築した時にかかった費用(取得費)、仲介手数料、印紙代などの経費を差し引いた金額が対象になります。

税金の相談ができる不動産会社を選ぼう

不動産売却の営業担当者のなかには、税金に関する知識が豊富で、特例の選択や確定申告のアドバイスをくれる人もいます。

また、大手不動産会社などでは、税理士による無料税務相談会などを設けているところもあります。

ですから、自宅を売却するときに税金の知識がなくて不安に思う人は、税金相談ができる不動産会社や担当者を選ぶようにしましょう。

いざ不動産売却する時に住民税や所得税など税金に関する相談ができるので、安心して自宅を売却することができますよ。

不動産査定の実体験↓↓

不動産査定を売るなら絶対ここ!

イエウール

対応物件の種類マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル
掲載する不動産会社数1400社以上
サービス開始2014年
運営会社Speee
紹介会社数最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる。

TOP⇒不動産査定 | 売却前に絶対に損をしないおすすめの査定方法